当ページにはライブ内容に関するネタバレ的内容が
多分に含まれておりますので閲覧の際はご注意ください。

2021年09月20日

Chage Live Tour 2021〜Boot up!!〜@豊洲PIT 2021.9.19 第2部千秋楽レポメモ

台風14号通過翌日、澄み渡る青空が広がる東京。
そんな日がChageさんのBoot up!!ツアー、
豊洲PITにて千秋楽でした。

豊洲

セットリストはこちら

今回の東京公演での感染症対策としては
入場時の検温、手指消毒、冊子類のスタッフによる配布なし、
ドリンクは交換コインの受け渡し後はセルフ受け取り。
マスク着用。座席は1席おき。会場収容人数50%以下。
ライブ中の客席側発声なし、
ライブ時間の短縮(今回は約1時間半)。
規制退場など。

ズンズンと体に響く生音は
とても懐かしく心地よかったです。
ライブ、やっぱりいいな。

開演前BGMはウクレレ曲や波音。

Chageさん衣装
白系のハット。
なんとも言えないくすんだブルー系のスリーピース。
インナーはTシャツ。
足元はスニーカー(に見えた)。
靴下は確認できず(´・ω・`)ショボ-ン

アルバム『Boot up !!』の楽曲を
フューチャーしたovertureからスタート。
照明も楽曲ごとにイエロー、ブルー、レッドと変化。

バンドメンバースタンバイ。
Chageさん登場。

『それが愛なら OK』
ドラムの派手なカウントから幕開け。

「OK」の歌い方がやっぱり好きです。
Chageさん手持ちマイク。
「RUN RUN RUN」と「DAN DAN DAN」
の動きがまるでアイドル!ぎゃふん

『それが愛なら OK』
『swing&groove』
Chageさんの動きのかわいさが際立つ2曲。
ステップの踏み方がいちいちかわいい。
歌が入ってこないではないか。
なんという罪な60代。
Chageさん、ステージに立てる喜びが
あふれんばかりのニコニコ顔で歌ってました。

ニコニコ顔で歌うChageさん見たら
グっときたしホっとした。
Chageさんの生歌を聴くのは
実に2019年のfeedbackツアーぶりなもので。

『swing&groove』
ベースがとにかく心地よかった。
そしてベースの山田さんの左腕ばかり見ていた。
動きがかっこいいんです。

歌、ちゃんと聴いてますよ。
Chageさんの低音が聴きどころ。
間奏のコーラス 「パラッパ ラパッー」で
Chageさん、いろんな管楽器
(トランペット、サックス、トロンボーン)を
演奏する身振り。

MC。
今日で千秋楽。
コロナ禍でライブを開催するにあたって。

感染症対策で声出しができないお客さんに対し
頭の上で大きく「まる○」ってしてねって話の流れから
「白鶴まる」って言ってみたり。

「白鶴まる」は
矢崎滋さんバージョンで浮かんでしまいましたヨ(笑)
80年代後半のChageさんの矢崎滋時代。
※気になる方は「矢崎滋 白鶴」で画像検索してください

そして、Chageさんは「ちょいちょい」が
口ぐせなんだな。

『No.3』
タイトル紹介の「スリー」の発音がやけに良い
Chageさんでした(笑)
アルバム「Boot up !!」で一番、好きな楽曲。
ベースとギターのリフが気持ちいい。
西川進さんの手首のスナップのリズムが
見ていて楽しかった。

「だぁーいすきぃでー」
のときのChageさんのやわらかい表情が
とても良かったです。

アウトロ後の「ふふんっ!」は
Chageさんご自身で。
アノ笑い声はやっぱりChageさん(笑)
そして、そこまで楽曲なのか!

『CATCH&RELEASE』
ここまでアルバム『Boot up !!』の収録曲順通りに
きていたところにこの楽曲。
久しぶりにライブで聴いた。
大いに唄うin武道館アレンジに近いけれど
オリジナルにも近い気もして
新しいアレンジとして聴こえました。
まだまだ進化。

「シュッ」があったのはこの曲かな。

MC。
ツアーで故郷福岡を訪れた際の話。
緊急事態宣言下でなじみの飲食店も
休業していて、みんなちゃんと守ってるんだなー
と実感した。
今回はメンバーとも一緒に食事ができず
各自で食事するスタイル。

このMCあたりでChageさんジャケット脱いで
ベスト姿に。
ベストも小洒落たデザインで前身ごろはブルー系、
後ろ身ごろはホワイト系と色が切り替えてあって
後ろ身ごろのウエストベルトだけ前身ごろと同じ
ブルー系カラー。

『機嫌が悪いの』
こちらも久しぶりに聴いた印象。

『うたたね』
心地よいリズムでわりと好きなのに
歌唱後のMC、
澤地さんの「うたたねは”うたの種(たね)”」という
いい話からの
「うたたね、うたったね」
しか印象に残らんかったやないかい!
おいっ!チャゲ!(#゚Д゚)コラっ(心の声)

『僕だけのピンナップガール』
Yukoさんの振り付けが80年代アイドルぽくて
とてもかわいかった。
前世はスクールメイツだな、きっと(知らんけど)

ちなみにYukoさんのステージ衣装も
ヘアスタイルのちっちゃいちょんまげも
とてもかわいかった。

『ふたりの愛ランド』
Chageさんいつもの
フレディ・マーキュリーリスペクトな
ショートサイズのマイクスタンド。

ソーシャルディスタンスな振り付けで
YukoさんとChageさんが腕でハートマークを
作っていたのがとてもかわいかったです(´∀`*)

『&C』
今回のライブ、選曲の緩急の付け方が絶妙で
この楽曲もひねりが効いてたな。
重たいドラムが気持ちよかった。
西川ススムンの見せ場あり。

MC。
音楽を通してメッセージを送ろうと思い
曲作りをした。
どんなことがあってもChageは君に逢いたいんだよって
気持ちを忘れないようにしようと思った。

『君に逢いたいだけ』
今回のツアーの核となる楽曲。
セットリストとしても、
この位置を置いて他にはないという
本編ラストを飾る楽曲。

アンコール。
ささっと掃けて、ささっと戻るスタイル。
Chageさんジャケット着用でステージに。

『君は天然色』
ご存知!大滝詠一さんの楽曲のカバー。
Chage AppのTaku-Rokuでも配信中。
Chageさんのボーカルにとてもハマっていて
Chageさん自身もとても気持ち良さげに
歌っていました。

Chageさん、気持ち良さげに歌う時、
右上を見上げて歌うクセがあるんですが
非常に良いチャゲカマ(アゴライン)を
拝むコトができました。
ごちそうさまでした。

つくづく力石さんのピアノは
歌うように鳴るなぁ。
『君は天然色』のアレンジ、お見事!

MC。
バンドメンバー紹介。
The ラーテルズ。

今回のツアーの模様は
2021年10月31日(日)
19:00〜20:30にWOWOWプラスにて
放送予定という告知。
※WOWOWではなくWOWOWプラスですのでご注意ください

そんなWOWOWプラスのライブオンエア告知ポスターに
Chageさんのサインを入れて会場にいる2名の方に
抽選でプレゼント企画。
当選者発表もその場でおこなわれました。
チケットの半券が抽選券。

11月24日にクリスマスソングリリース告知。
東京、横浜が37度超えを記録した8月に
スタジオに雪を降らせてレコーディングしたよ。

「(感染症予防対策として)換気にご協力ください」で
『まわせ大きな地球儀』
(楽曲中、お客さんがハンカチを
 ブンブンと振り回すので)

一見ネガティブな換気すら楽しくさせちゃう
Chageさんてホントにスゴイね。
Chageはすごい、Chageはすごい、Chageはすごい

『まわせ大きな地球儀』からの
『Kitsch Kiss Yeah Yeah』
曲のつなぎ方がおもしろかったんだけど
テキストで説明できない。スマン。

アウトロは西川進さんのフィードバック奏法で
ギューイーンと。

正直、個人的に今回のライブは参加は
当日、朝まで悩んでいました。
都内の感染者数は減少傾向とはいえ
政府による緊急事態宣言再延長中。

今回のツアーは、それぞれの事情から
やはり行きたくても参加を見送らざるをえない方々が
多くいらっしゃったと思います。

そんな方達に少しでもライブの雰囲気
伝われば幸いです。

2020年から続くコロナ禍。
そんな閉塞感を打ち破るがごとく
青空に突き抜けるくらいの
いつもの笑顔とあかるさと安定の高音で
Chageさんはステージの上にいました。

客席から見るステージは
2020年前と変わらない。
そう思わせてしまうところが、またスゴイ。

みえない部分での対策が徹底していたからこそ
全4会場9公演が完走できたことは書くまでもありません。

Chageさん、バンドメンバーのみなさん、
スタッフのみなさんに心から感謝申し上げます。

今回のBoot up !!ツアーの模様は
WOWOWプラスにてオンエア予定。
また11月24日リリースの
「Chage's Christmas~チャゲクリ~」には
今回のライブの模様を収録した
DVD or Blu-ray付きなっておりますので
ぜひ、その目でBoot up!!をお確かめを。

【Amazon.co.jp限定】Chage's Christmas~チャゲクリ~ (Blu-Ray付)(特典:メガジャケ付)

色々と各方面、ありがとうございました。
御礼申し上げます。

個人的コマケーナ案件。
双眼鏡でガン見をしていたChageさんの
パンツの裾ですがくるぶしあたりまで丈があり
ちょっと長め。
イスに座った時にスニーカーの上あたりに
少し余った丈がクシュクシュって乗っているのが
とっても良かったです(謎の報告)

イメージ図
Chageのズボンの裾

posted by まんぼ at 21:42| ライブレポ:Chage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

Chage Live Tour 2021〜Boot up!!〜@豊洲PIT 2021.9.19 第2部千秋楽セットリスト

豊洲PIT

OP Boot up !!overture
01.それが愛なら OK
02.swing&groove
MC
03.No.3
04.CATCH&RELEASE
(大いに唄うアレンジに近し)
MC フリートーク
05.機嫌が悪いの
06.うたたね
MC
07.僕だけのピンナップガール
08.ふたりの愛ランド(チャゲトルズアレンジに近し)
09.&C
MC
10.君に逢いたいだけ

アンコール:
MC
・君は天然色(大滝詠一さんカバー)
MC
ポスタープレゼント、
11月リリースクリスマスソング告知
・まわせ大きな地球儀
・Kitsch Kiss Yeah Yeah

Chageさん使用ギター
チャゲレレ
ギブソンJ45
マーチンのアコギ
赤のリッケンバッカー
黄色のエレキ(モデル不明)

バンドメンバー(バンド名 ラーテルズ):
Guitar 西川進(バンマス)
Bass 山田直子
Key 力石理江
Drum 佐藤強一
Chorus Yuko

11月24日リリース
【Amazon.co.jp限定】Chage's Christmas~チャゲクリ~ (DVD付)(特典:メガジャケ付)

posted by まんぼ at 22:34| セットリスト・Chage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

Chageさんクリスマスソングを11/24リリース

>> Chage Official Web Site:
「Chage、ファンとの約束を果たし35年ぶりのクリスマス・ソングをリリース!」

プロデューサーに島田昌典氏を迎え
35年ぶりにクリスマス曲を収めた
『Chage’s Christmas〜チャゲクリ〜』を
11月24日(水)にリリース。

収録予定曲
M-1:1224(作曲:Chage/作詞:松井五郎)
M-2:クリスマス予報(作曲:Chage/作詞:澤地隆)
M-3:1224(インスト)
M-4:クリスマス予報(インスト)

CD+DVD or Blu-ray
DVD or Blu-rayに収録の映像はライブ映像になる予定です。

ユニバーサルミュージックストアでは
特典付きにて予約受付中。

>> ユニバーサルミュージックストア:Chage

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Chage’s Christmas〜チャゲクリ〜[CD] [CD+Blu-ray/BD盤] / Chage
価格:5940円(税込、送料別) (2021/9/17時点)


Chageさんのクリスマス曲といえばこちらも名曲。


posted by まんぼ at 12:25| CD・DVD・Blu-ray | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ASKAさんシングル『PRIDE/I feel so good』10/15リリース

>> ASKA Official Web Site:
ASKA New Single「PRIDE」 10/15(金)発売決定! ~32年振りの新録リリース~

2曲入りシングル。
『PRIDE』はCHAGE and ASKAの楽曲『PRIDE』の
新録バージョン。編曲は澤近泰輔氏。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PRIDE [ ASKA ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/9/17時点)


CHAGE and ASKAバージョンオリジナルは
こちら。名曲ですね。

posted by まんぼ at 12:00| CD・DVD・Blu-ray | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月01日

ASKAさん新曲『笑って歩こうよ』『プラネタリウム』iTunes Storeほか先行配信スタート

7月1日より各配信サイトにて配信スタートです。
CDは7月14日リリース。

iTunes Store

CD
ASKA/笑って歩こうよ

posted by まんぼ at 08:11| CD・DVD・Blu-ray | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

ASKA初のオンライン配信ライブ「ASKA すべての事には理由がある」セットリスト 2021.6.23

ASKA初のオンライン配信ライブ
「ASKA すべての事には理由がある」
6月26日(土)23:59までローチケ LIVE STREAMINGにて
アーカイブ視聴可能です。

セットリストは以下。(ネタバレ注意)

続きを読む
posted by まんぼ at 00:24| セットリスト・ASKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月21日

THE VIDEO of CHAGE and ASKA TUG OF C&A、待望のDVD化!

CHAGE and ASKA Official Web Shopにて
THE VIDEO of CHAGE and ASKA TUG OF C&A
DVDの受注がスタートしています。

ファンクラブ会員限定でリリースされ
1991年から1992年にかけての
MVメイキング、フォトセッションの模様をメインに
素のチャゲアスを楽しめる問題作です(笑)

個人的には当時のファンクラブオフィシャルライターの
ミヨちゃんの悲鳴をふたたび聞けるのが楽しみです。

初回限定盤と通常盤仕様があるので
ショップの案内をじっくりとご確認ください。

>> CHAGE and ASKA Official Web Shop
[DVD]THE VIDEO of CHAGE and ASKA TUG OF C&A Vol.1〜5(初回製造限定盤)

>> CHAGE and ASKA Official Web Shop
[DVD]THE VIDEO of CHAGE and ASKA TUG OF C&A Vol.1〜5(通常盤)

posted by まんぼ at 21:15| CD・DVD・Blu-ray | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月30日

僕らのポプコンエイジオンライン2021 5月公演セットリスト

2021.5.23

01.カントリーガール(全員)
02.完全無欠のロックンローラー(高原兄)
03.夢想花(高原兄)
04.さよならの言葉(相曽晴日)
05.コーヒーハウスにて(相曽晴日)
06.街が泣いてた(伊丹哲也)
07.燃えろいい女(伊丹哲也)
08.涙のリクエスト(高原兄・伊丹哲也・Chage)
09.Take off today(石川優子)
10.サルビアの花(石川優子・相曽晴日)
11.ふたりの愛ランド(石川優子・Chage)
12.君は風(Chage)
13.終章〜エピローグ〜(Chage)
14.あなた(全員)

ラベル:CHAGE ポプコン
posted by まんぼ at 15:53| セットリスト・Chage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

ASKA 10 DAYS SPECIAL グッバイ&サンキュー東京厚生年金会館 −ここにあなたの足跡(あしあと)を− 2010.2.21レポ

セットリストはこちら
初日のセットリストはこちら

ASKA 10days 東京厚生年金会館

10days 7日目レポです。
7日目の日替わりギタリストはおなじみ鈴川真樹さんと
ap bank fesでASKAさんとは共演歴のある
小倉博和さんでした。

オープニング。
初日と違ってたのはスクリーンに
流れる映像(と言っても黒字に白抜きで文字が流れてるだけ) が過去ツアータイトルのみ流れる仕様に。
初日はスタッフロールも一緒に流れてました。

たしか
CONCERT TOUR'89 〜10 years after〜ツアー
から今回のASKA 10daysまでの公演名日付が
流れてたと思います。

英数字はセリフ体欧文フォント斜体だったような。

スクリーンがゆっくりと上がって
バンドメンバースタンバイ。
ASKAさんも ゆっくりとマイクの前に歩いてきて。
この時点でまだステージ上は薄暗い。
ASKAさんがドリンク台の方を向いて
屈伸してる姿を確認。

屈伸さえも画になる男!(笑)

ASKAさん、アコギを持って1曲目。
イントロがあるんだかないんだかわからない『L&R』
ASKAさんの第一声「パーンっ!」で口火。

照明は客席も明るめ。
多分、ひとりひとりとまではいかないけれど
客席の表情はステージから かなり見えるくらいの明るさ。

今回の10daysは要所要所の楽曲で客席照明が
明るめに設定されてたと思う。
意味を持ったライティングではないでしょうか。

マッキーのエレキがギューインってカッコヨカッタ。
ASKAさん、間奏でハープ。

『着地点』
ライブ映えする楽曲で好き。

ASKAさん、青のリッケン。
マッキーは黒のフライングVタイプのエレキ。

「きぃーみぃとー ぼぉくぅ〜では」
の前のズンズンズンと上がってくリズムがたまらん。

バックライトでグルグル回る照明がカッコヨカッタ。

『Tattoo』
これもマッキーのギターがイイ意味で目立ってた。
もうひとりのギターの小倉さんはパフォーマンスで目立ってた。
サビ「Tattoo〜」の前の江口さんのドラムもカッコイイ。

『風のライオン』
ASKAさんの体のひねり具合に目がいってしまう...

ASKAさんの足下のライティングがキレイだった。
☆っぽい模様があった。

ASKAさんの体の中で音が響いてるカンジのボーカル。
会場全体が共振、共鳴する感覚におそわれる。
これが倍音なのか...

MC。
10days公演について。
東京厚生年金会館について。

最初に東京でライブをしたのは芝郵便貯金ホール。
その次に東京厚生年金会館だったような気がする。
デビュー10周年の時に東京厚生年金会館で10daysをした。

イベント性の強いものではなく、
いつものライブような感覚でやっていきますので
お付き合い下さい。

『LOVE SONG』(12 ver.)
ASKAさん、ラフ気味に楽しそうに歌ってた。
澤近さんの軽めのピアノがアクセント。

ピンクっぽい照明。
この楽曲の時も客席照明明るめ。

『ONE』
クラッシャー姐さんさんがサックス吹いてた。
姐さん、かっこえぇ!男前だった(笑)

『はじまりはいつも雨』
バイオリンの調べが美しいイントロ。
これもASKAさんの体のひねり具合に目がいく。

MC。
どういう流れだったか忘れたけどカラオケの話。

カラオケには誘わないで!
出だしの部分だけ。とか2番はあたしが歌います。とか
あたし、Chageさんのパートばっちりですから。とか。
そういう話じゃない。
ちょっととか軽くとかできない。
軽く歌うと音程外すから。

真剣にカラオケを歌っちゃう。
見たくないでしょ?
『PRIDE』手を広げて歌ってるトコ。

なるべく、そういう所へ行かないようにしている。
もし誘われている僕を見かけたら
「やめてください!」
(一人芝居中:
 さ、今のうちに早く行って下さいな仕草)
違う!そういう話じゃない。
『Standard』っていうアルバムね。
それじゃなくて!
日本の曲がスタンダードになりつつあるって話。

カラオケ話しか残ってないんだけど
他になにか言ってた気もする。

あ、『蘇州夜曲』を1フレーズ歌ってた。

『girl』
イントロの印象的なガットギターは
別アレンジされてて小倉さん仕様。
そこは流石、プロミュージシャンです。
貴重なモノを聴かせていただきました。

全編にわたってバイオリン活躍。
重めのドラム、ベースも心地良い。

足先でリズムとるASKAさんの姿、好きだわ〜。

『No Way』
照明がカッコイイ。
引きの画で見たらもっとカッコヨカッタ。
照明が動きながら白からグリーンへ変化。

これも聴き所はドラムとベースとバイオリン。
あと日によって違うかもしれないけれど
アウトロ前のASKAさんの
「のぉ うぇええええ〜ぇい」
ってトコ。文字で伝わらんかのぉ(´・ω・`)
カッコイイんだよぉ。

『ロケットの樹の下で』
Aメロ、ASKAさんのアコギのみ。
客席に話しかけるように歌ってるカンジ。

この歌もASKAさんだからこそ歌える楽曲。

『同じ時代を』
イントロ、Manabooさんのパーカッションから。
ASKAさん、朗々と歌う感じがいいんだわ。

間奏、ギターブレイク、マッキーのギターが冴えてた。
小倉さんもap bank fesで演奏経験のある楽曲。

MC。
過去のインタビューでも語ってた
自分の中に芯をくった楽曲を作っていきたい
という話。

『No Way』が不評だった話。

メンバー紹介。
MC中、唐突に江口信夫!って言い出してメンバー紹介。

ベースのメッケンの水玉シャツがASKAさん、
気になったらすぃ。
でもって、昔、江口さんとメッケンが
アイスが食べたくなってアイスをメッケンが
買いに行ったまま、江口さんの元に戻ることなく
そのまま家に帰ってしまった
という話を脚色たっぷり、ひとり芝居付きで
ASKAさんが話してた。

まだコンビニなんてない時代。
冬の寒い夜に街へアイスを買いに行くも
お店は閉まっていて、ドンドンドンって戸を叩いて
引き戸を開けて「アイスください」
みたいに昔話風にASKAさん、話してた。

で、そんな流れから
榊原郁恵さんの「夏のお嬢さん」の
「アイスクリーム ユースクリーム」
をASKAさんが歌ってた(笑)

ギター、小倉博和。通称おぐちゃん。
ギター、鈴川真樹。
名古屋のホテルでの「暑い」の一夜話。

キーボード、十川知司。
モジモジくんって語りかけてた(笑)

パーカッション、マニピュレーター、コーラス、
小笠原学!

あねさん。
バイオリン、クラッシャー木村!

アレンジャー、プロデューサー、ピアノ、
澤近泰輔!

この日のメンバー紹介はあっさり目。

『WALK』
ちょい長めのMC後なのにボーカルの伸びが
さらに良くなっててビックリ。

「僕のすべては止まる」
のトコの「止まる」と
エアギターのアクション、
ASKAさん、ちっちゃくやってた。

『Cry』から『晴天を誉めるなら夕暮れを待て』
への流れもカッコイイ。

ASKAさんがジャケット脱いだの
このあたりだったか...う〜ん。
Tシャツで歌ってました。

『月が近づけば少しはましたろう』(12 ver.)
コーラスから。
ピアノ、バイオリン。
毎回、ライブで聴く度にASKAさんの歌への
集中力が最大限に達する瞬間を感じる。

「積もり始めたら
泣けて仕方なぁ〜〜〜〜ぁい」
力技でねじ伏せるビブラートではない
もっともっと深い深い染みるビブラート。

『心に花の咲く方へ』
シングルバージョンのアレンジに近いかな。
後半、ASKAさん、わりと客席を見渡しながら
歌っていた印象が。

MC。
『心に花の咲く方へ』について。
この楽曲は自分のために書いた曲。

ライブにおける時間の共有って話の流れから
今日、このイスの色を覚えておこうとか
絨毯の継ぎ目を覚えておこうって言われても
困るでしょ。
なんて話にも。

「いい時間だった。これが残れば最高。
 今日はどうもありとう」
とキレイにまとめてました。

『君が愛を語れ』
イントロ、澤近大先生ピアノが素晴らしすぎる。
そこから正確なリズムのドラム。

この曲も客席の照明明るめ。
ASKAさんも客席、見渡しながら歌ってた。

「君が 愛を」
のシャウトがカッコヨカッタ。

『UNI-VERSE』
イントロと間奏の江口さんドラムがたまらん。

この曲も客席の照明明るめ。
やっぱりASKAさん、客席を見渡しながら歌ってた。
ASKAさんの歌いっぷりが気持ちイイ!

「どうせアンコールするでしょ?
 本編はここまでっ!」
って言いながら足で線を引く仕草
(校庭とかでやったような感じの)

新曲に自信アリなコメント。

で新曲「ルルル(仮タイトル/ASKA氏命名)」
(のちのSCRAMBLE収録『僕の来た道』)
ちょっと、ちょっと、ちょっと!!
初日で歌ってた歌詞がスッパリサッパリアッサリ
すべてなくなっとる!Σ(゚Д゚)

初日に言った
10days中に新曲の歌詞を完成させよう企画は
なかったことに...
ならば仕方あるまい。

メロディーは多分、初日と同じかな...
3連リズムのややアップテンポ。
間奏ギターブレイク部分アリ。

ASKAさん、バンドメンバーのみなさん整列してごあいさつ。
ホントに素敵な時間をありがとうございました!

ASKAさんとバンドメンバー、ハグしてメンバーの
みなさん、ステージをあとに。
ASKAさん、左右の舞台袖、端の方まで行ってごあいさつ。
会場からいっぱいいっぱいの拍手。
ASKAさん、ステージをあとに。

スクリーンにエンディングスタッフロール。
BGMは新曲「ルルル(仮タイトル)」
大久保さんはやっぱり「Muraji "BOSS" Okubo」表記。
この日はASKAさんに大久保さんは降りてこなかったな。

「僕たちの音楽を愛するあなた達」
この文言はホント素敵。

エンディングロールが終わり
スクリーンにステージを降りたばかりの
首にタオルをかけてマイクを持ったASKAさん
and カンペを持ったスタッフの後ろ姿。

本日のASKAさんのラストのお言葉
「以上をもちまして本日のコンサートはすべて
 終了いたしました。
 どなた様もお忘れ物、落とし物なきよう
 あ、I Love Youだけは持ってって」
(すごく必死で覚えた)

句読点をしっかり区切って
滑舌よく話してたのが印象的(笑)

髪みだれ気味で首にタオルかけて
マイク持ってる姿は試合後のレスラーみたいだったヨ。

客出しBGMは『天気予報の恋人』(12 ver.)

で、本物の場内アナウンスのお姉さんの終演案内。
ASKAさんと同じような案内を
なんか半笑いで言ってるように聞こえて
それも、また楽し。

余談としては
東京厚生年金会館2階席最後列で
今回のライブを見たワケですが
2階席後方一体、双眼鏡所有率が高くて
ライブ中、ちらっと客席見たら
野鳥の会っぽかったです(笑)

飛鳥さんなので、あながち間違いでもない気が...

ASKAさんがステージで使ってるタンブラーは
やっぱりOXOリキシールマグのブルーだった。

以上。
ASKAさん、バンドメンバーのみなさん、
スタッフのみなさん、
東京厚生年金会館で時間を共有したみなさん、
レポを読んでくれたみなさん
心からありがとうございました。

posted by まんぼ at 20:01| ライブレポ:ASKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする