2021年02月21日

Chage Christmas Party 2020 in Billboard Live YOKOHAMA配信アーカイブ視聴感想メモ

2020年12月に開催されたライブの配信アーカイブ
視聴いたしました。
セットリストはこちらをご参照ください。

2月14日バレンタインデーには
Chageさんのファンクラブ会員向けにChageさん自身の
生解説付き配信イベント
「equal大感謝祭「Chage Christmas Party 2020」を
 Chageと一緒にDuooooo!!!」
も開催されました。

「Chageと一緒にDuooooo!!!」の生ライブセットリストはこちら

生解説付き配信イベントは
Billboard Live YOKOHAMAのChageさんが
歌ったり話しているところにChageさんのトークがかぶるという、
それはそれは予想通りのチャゲチャゲしい展開(笑)

そこでしか聞けない貴重な裏話やら自身への
コマケーツッコミやら楽しいひとときとなりました。

昔、ファンクラブ会報やラジオなんかでChageさんが
「俺は自分のライブを生で見てみたい!」
なんて話していたことがあったのですが
形は違えども疑似体験として叶ったのではないでしょうか。

前置きが長くなりましたが
どうして自分はこのライブに行かなかったのか....行けばよかった!
が素直な感想です。
行かなかった者にそう思わせてしまうくらいの熱量とクオリティ、選曲。

こうしてアーカイブで公開していただき感謝です。

1曲目。
「swing&groove」
1音目出して歌い出したときの会場の空気って
幸福に満ちていたんだろうなぁ。

間奏のピアノの音色が遊びがあって軽やかで曲の楽しさが増す。

「それが愛ならOK」
アルバム『Boot up !!』のCD音源時からライブでの表現が
目に浮かんでいた楽曲ですがオーディエンスを前に
やはり楽しそうに歌うChageさんは良き。

”君の左が誰かの右でも”
のマイクさばきが華麗すぎて「アイドルかよっ!」
ってツッコミたくなりました(笑)

「Mimosa」
間奏のベースの音階があがってくとこが好きです。

「レノンのミスキャスト」
芯のあるドラムと絡みつくようなベースが心地よい。
ウェットな質感のある歌詞とメロディー、
そしてChageさんの歌い方がたまらんです。
いわゆるひとつのThis is a Chage!

ミディアムな曲はChageさんのボーカリストとしての魅力を
堪能できるのではないでしょうか。

MC。
「飛沫の刃」
話題のワードをしっかり盛り込んでくる安定のMC。

「ボニーの白い息」
これはじゃなくです。
映画「俺たちに明日はない」の主人公ボニーとクライドが
モチーフになっている楽曲。
CHAGE and ASKAのアルバム『Snow Mail』収録。

いい曲なのに生解説のChageが酷かったですね(急に呼び捨て/笑)
曲が一切、あたまにも耳にも入ってきませんでした。
爪あとを残していったのは芋虫、冬虫夏草、しいたけ。

「どうだい」
強一さんのドラム優勝回。
ギターのネックの方をチラ見するChageさんも好物です。

「ロマンシングヤード2015」
ビルボード のシッティングスタイルライブで
この攻めた選曲。

「君に逢いたいだけ」
この楽曲もやっとオーディエンスの前で歌えたという
Chageさんの心情を思うと目頭が熱くなります。

これも生解説のChageが藤崎マーケットとか言いやっがって
あの野郎、イカ野郎。いい曲、ぶち壊しだよっ(笑)

アンコール。
ウクレレ1本で「クリスマスイブ」
ウクレレ×クリスマス。
Chage×山下達郎という意外な組み合わせで「おっ!」って
思いました。
Chage Appでは音源が公開されていますが
ライブで聴けるとは。

「今日は…こんなに元気です」
(STAMP ver.アレンジがベース)
これは、ほんっとにほんっとにライブで聴きたかった。
この楽曲を演るのは2010年3月の渋茶会以来ですかね。

間奏の語りを終えて少し照れてるChageさんの表情が
なんともかわいいですが語りの語感、間合い、声のトーンが
とてもよくて。
過去を素直になつかしむ、でも少し未練があるような
そんな情景が浮かびました。

ちなみにSTAMP ver.のアレンジは吉俣良氏。

締めくくりは「Well,Well,Well」
Chageさんとバンドメンバーさんの表情がね、
ほんとイイ。うん、イイ。

昨年12月、ギリギリの状況の中、
無事開催できて本当に良かったと改めて。

そんなわけで、とりとめもない視聴メモでした。
Blu-rayかDVDにして欲しいです。
よろしゅうじ。

Chageさん衣装
・モスグリーンのオーバーサイズジャケット
・モスグリーンのパンツ
・ラウンドネックの白シャツ
・ブラウンのハット

Chage / Boot up !!

posted by まんぼ at 16:57| ライブレポ:Chage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

Chage Online Live 2020視聴感想メモ

2020.9.5にマホキャストにて配信された
Chageさん初のオンラインライブの感想メモです。

Chageさん初の単独配信ライブは
Chageさんらしさがたくさん詰まった
ライブ構成でした。
歌っているとき、MCのときの優しい笑顔も印象的。

ライブ会場となったのは
バーニッシュストーンレコーディングスタジオで
CHAGE and ASKAをはじめ、MULTI MAXの楽曲が
多数レコーディングされたChageさんにとっても
思い入れのある場所でMCでも何度か触れていましたが
この場所から配信ライブをおこなうことに感慨深げな
様子でした。

特筆すべきはM5の新曲『君に逢いたいだけ』
作詞作曲はChageさん。
編曲はChageさんと組むのは
お久しぶりの瀬尾一三さんです。

どこか郷愁を誘いつつもさわやかに
前向きな気持ちになれるアレンジはさすがです。

歌詞にはChageさんと瀬尾さんのなじみの街
「下北沢」というフレーズも登場します。

2020年2月に瀬尾一三さんの書籍発売に合わせて
おこなわれたトークイベントにChageさんが
ゲスト出演。
その時の約束がこんなに早く実現するとは
本当にうれしいです。

その様子はYouTubeにて公開中です。

リリースが今から待ち遠しいです。

アンコールの『Well,Well,Well』
COVID-19により一変してしまった世の中ですが
肩肘張らずに、落ち込むことなく
Chageさんの現在進行形のポジティブな気持ちが
この楽曲の歌詞に込められているように思いました。

Well,Well,Well,Well,Well
楽しまなくちゃ
一度きりの人生なんだから
Well,Well,Well,Well,Well
なんとかなるさ
心の荷物を軽くすれば
懐かしいあの歌が
聞こえてくるようで Well,Well,Well
笑顔で行こう Well,Well,Well

posted by まんぼ at 01:00| ライブレポ:Chage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

Chage Fan Meeting Tour 2014 〜青いハンカチーフを・・・〜 2014.5.30 レポ

セットリストはこちら

開演前BGMはChageソロ。
『トウキョータワー』『waltz』『嘘』
『夢を見ましょうか』など。

開演前の影アナはなんとChageさん。
本日の注意事項、お願い事項などをお知らせ。
場内で食事は禁止、喫煙は所定の場所でね、とか
避難通路の確認してねとか撮影コーナー以外は撮影禁止とか。
口調がなんかいちいちエロかった(笑)

Chage影アナ「はじめてもいいかなー!?」
客席「いいともー!!」
でイベントスタート。

本人、まだ登場していないのに場内クスクスと笑いが。
さすが!としか言いようがないわ(笑)

司会進行:FCスタッフ 林田くん

ファンミーティングツアーも
もう10公演以上しているはずなのに若干、
カミカミな林田くん。

林田くんより司会進行役を務める旨、あいさつ。
昨年のライブを開催できなかったコトについて
ファンクラブとしてのお詫びコメント。
また今月中旬以降の件についてもお詫びコメント。
深々とお辞儀。

そんな状況の中、イベント開催の是非についても
検討されたが「ファンに会いたい」という
Chageさん自身の強い意向の元、開催続行に
至ったとのこと。
ありがたいです。アイサレテマス。

「それでは映像をご覧ください」
で、林田くん、一旦、袖にはけるも...
ふたたび林田くんステージに登場。

映像機器トラブルにより林田くんのしゃべりで
間をもたせるコトに。
急なネタフリで素で困ってる様子。

まさに林田(リンダ)、困っちゃう。

とりあえず、林田くん自己紹介と経歴紹介。
(誕生日、生まれた時の体重、出身地や大学など)
業界に入ったキッカケなどを話して、
「歌ってください」というファンからの
ムチャブリもありつつ
なんとか映像機器復旧。
10分押し。

今日は林田くん情報をゲットできてラッキーだったかも。
(今後の人生において一切、役立たないと思うが/笑)

『永い一日』をBGMに写真スライドで
『永い一日』制作風景。過去の茶会写真。
MULTI MAX『MULTI MAXのテーマ』が流れつつ
MULTI MAXライブ映像。
と来て「MULTI MAX25周年」の文字。
Oki dokiツアー。アイシテルツアー、まわちきツアーの
ライブ映像。
ChageLiveTour開催情報と
MULTI MAXライブDVDリリースのお知らせ。

と10分程の映像でした。

ご本人登場は、このあと!

前半はFCスタッフ林田くん情報で
終わってしまいましたね(苦笑)
なにが起こるかわからないライブの醍醐味です。

壮大なファンファーレBGMでChageさん登場!
BGMのチョイスが(笑)
もしやあれは
「東京オリンピックマーチ(ファンファーレ付)」
なのか??気になる。

「来てくれてありがとう」
のChageさんの言葉から本編スタート。

昨年から今年に掛けての出来事については
ご心配ばっかり掛けて、一番掛けてはいけない人たち
掛けてしまっているような気がして申し訳ない。
と深々と頭を下げてマシタ。
(発言については、記憶だけが頼りなので
 一語一句あやまりなく書くコトはできないので
 ニュアンスでご理解をお願いしマス)

「心を込めて歌を歌います」
からの『アイシテル』。
キーボードとギターのシンプルアレンジ。

テンポ遅めのこのアレンジだからこそボーカルが際立ち、
歌詞が際立つ。
スゴく好きなアレンジ。
もう一度、聴きたいなぁ。

歌ってる時のChageさんの
やわらかい表情も印象的。
薄めのサングラス越しのつぶらな瞳は
本気の目をしてた。

歌だから伝わるコトもいっぱいあるね...
いっぱい、いっぱい伝わった。
ありがとう・゜・(ノД`)・゜・。

トークコーナー。
Chageさんによる2階席いじり。
渋谷プレジャープレジャーの2階席は屋根裏と
呼ばれていてネズミがいるって言うと
ごきげんな2階席組のみなさん「チュー!」
とごあいさつ。
さすがChageさん好きのみなさま!

今日はメニューを3つ用意してきたとChageさん。
みんなで1つ決めましょうという流れから。
1つめは映画「アナと雪の女王」ダイジェストを
みんなで見る。
と言いつつ映画のテーマ曲を歌ってくれました。

ダイジェストって(笑)
そこ、ツボに入ったわ。

たしかに渋谷プレジャープレジャー、
元映画館だけどさ(笑)

レット・イット・ゴー~ありのままで~(日本語歌)

2つめは自粛ムードで薄暗くしてクラシックを
みんなで聴く。

3つめは通常のファンミーティング。

「どれにしますか?」でザワザワ。
意外と1つめが人気だったり。
結局、通常進行の3で。

FCスタッフ林田くん再び登場。
オープニングの映像機器トラブルを
Chageさんにいじられてた。

FCスタッフ林田くんが模造紙に書かれた
(手作り感満載。
 アフターパーティーもこんなカンジでしたね。
 またやってほしいな、アフパー)
スケジュールを持って
Chageさんによる本日の進行確認。
「近くてもトーク」とか、
いつものカンジのChageさんで。

写真撮影コーナー。

Chageさん撮り放題ですヨ。うひょひょ。
連写しまくった。
客席から「目線ください」「動いちゃダメ!」
とか言われてたヨ。

56ちゃいなのに素人に「動いちゃダメ」
って言われとる。
そういう所も大好きです!

トークコーナー。
昼間の公演はサラリーマンの人もいて
きっと会社のホワイトボードに
「渋谷打ち合わせ」って書いてあるかも
なんて言ってマシタ。

このトークは事前にFC特設サイトで
募集したお題の回答をChageさんがチョイスして紹介。
Chageさんによる高倉健のモノマネありーの、
ハンカチマジックありーの。
ハンカチが色落ちしたとのクレームが
何件か報告されていますというクレーム報告ありーの、
「恋のメキシカン・ロック」ありーの、
ずうとるびありーのでした。

参考:橋幸夫 / 恋のメキシカン・ロック

演芸場かっ!なノリで楽しかったぁ。

ステージ前方に出たあとマイクコードが
モニタスピーカーに絡まってオヨヨって
なってたChageさんがかわいかった。

そんな爆笑トークからのビートルズカバー。
「Blackbird」
Chageさんギターがスゴくうまくなってた気がしマス。
(上から目線でゴメンね)
音がね、キレイなだけじゃない。

「Don't Let Me Down」
哀愁を感じるメロディー。だけど骨がある。

中盤、なぜだかトイレタイムが取られたんですが
結構な人数が行ってたヨ(苦笑)
Chageさんステージにいるのに(´∀`; )

思い出しましたがChageさんがやった
ハンカチマジックは青いハンカチで
ブラジャーを折ってマシタ。
できたハンカチブラジャーを胸にあてたあと
頭の方にもっていって猫耳してた。
おっさん、かわいいゾ!!コノヤロー(´∀`*)

トークコーナー。
Chageさんによるジャムおじさん、ふなっしーモノマネ。
ふなっしーも声、高いからね(笑)
わりと似てたなっしー。ヒャッハー!
ふなっしージャンプも取り入れると尚GOODですヨ。

ふなっしー プニプニマスコットvol.2
グレイ・パーカー・サービス (2014-01-26)

ポール牧の指パッチンしながら
ポール・マッカートニー話。
ポール・マッカートニーはライブ中の3時間半、
一滴も水を飲まないという
Chageさんからのドーバナ(どうでもいい話)。

お題「「こんなChageグッズがあったらいいな」
を教えてください。」
「抱き枕」っていうのがあってウケた。
使い道の「いろいろ」の中身が気になる(・∀・)ニヤニヤ
そして電動って(/ω\)ハズカシーィ

Chageの細道の好評企画「世界がChageを呼んでいる」の
コンピアルバム。
これは著作権的に難しいのでライブ会場に来てね。
とのこと。

お題
「もしもChageと食事に行くなら何を食べに行きますか?」

予想通り「居酒屋」「焼肉」「焼き鳥」という
結果だったそうです。
あとは月島へもんじゃ。
最近、Chageさんはもんじゃ作りがうまくなったとか。

お子さんがいるお宅は、今日はやはりカレーを
作ってきたんですか?
というChageさんからの質問に予想の斜め上をいく
会場から「ハヤシ!」という回答が(笑)

このトークコーナーは盛り上がりシンイチでした。
そこから、ちょっとマジメに新曲『永い一日』について。

『永い一日』
自分の楽曲なのに自分の背中を押された感覚を味わった
楽曲とChageさん。

ピアノのみで。
ボーカリストChageの真骨頂とも言うべき楽曲。
抑揚、ブレス。テクニックだけではない
今までの経験があったからこそ、
50代になったからこそ歌える楽曲だと感じた。
感動した。

歌おわりのMCで
言いたいこといっぱいあるんだけど。
Chageには歌しかない。
それを支えてくれるのはファン。
音楽をやり続けます。
やり続けていれば、いつか繋がるものがあるのかな。
よろしくお願いします。

って言ってマシタ。
自分自身、今月に入ってからChageさんに
何をしてあげられるんだろう、
何にもしてあげられない自分が
正直、歯がゆかった。

でも、この言葉を聞いて、
そんな思いは消えた。

直接、会って、言葉を聞くって
本当に大切なんだな。

CD『永い一日』はCHAGE and ASKA公式サイト
ショップページより6月30日まで購入可能です。
税込1,000円。お買い逃しなく!!

そんなマジメなトークから
ステージセッティング中にイヤモニのコードを
FCスタッフ林田くんに引っ張られて
Chageさん、猿回しの猿みたくなってり(笑)

そういう所もスキです!

サンプラーを使っての音作りをステージ上で。
Chageさんが「チャゲ」「渋谷」って言いながら
(どさくさに紛れて越後製菓って言ってたし)
足下の機械のペダルを押すと声がサンプリングされて
リズムができあがるって仕組み。

足下大阪市長って、どさくさ紛れに言ってたし。
ひと言、なんか言わなきゃ気が済まないのね(笑)

今回はドラムがないので、
この声ネタサンプリングがリズム楽器代わり。

できたばかりのその音を使って
『まわせ大きな地球儀』

歌詞がね、改めていいなと。
笑顔になれる。ホントいい曲だなぁ。

もちろん青いハンカチぶんぶんしたヨ♪( ゚∀゚)o◇彡

「また会おうね!」
が今日も聴けた。うれしい。

Chageさんステージをあとに。
FCスタッフ林田くんふたたびステージに。
握手会注意事項説明。
握手以外の事はやめてください。
帰りに階段があるので気をつけてください。
「(Chageは)手を洗ってる頃」などなど。

握手会は緊張しマシタ。
なに話したか覚えてすらいない。

だってだって、ずぅーーーーーーと
憧れ続けてきたお方ですよ。
そんなお方が目の前に自分だけを見てるなんて
状況ですからね。

「ありがと。がんばります」
みたいな事をChageさんに言われと思う...
つぶらな瞳で見つめられちゃね、照れてしまいマスよ。

Chageさん、ひとりひとり丁寧に
対応していたように思いマス。
両手でギュっと握り返してくれた
やわらかくて、あったかくてやさしい手でした。
サラっとしたさわり心地。

一生の思い出になったー!
今日のコトはアノ世にも持ってきマス(笑)

あらためて
ありがとう!!Chageさん
イベントに参加して
もっと、もっと大好きになったゾ!
これからもずっと大好きだゾ!

これからもファンからはChageさんを特別扱い、
Chageさんからは特別返しな関係で
ヨロシクお願いしマス。
そして、どうぞご自愛ください。

またChageさんの笑顔に会いに行くぜ!

どこかのトークで「会いに行けるおっさん」を
めざそうって言ってマシタよ。
いいね、いいね。

客だしBGMは『Knockin' On The Hill』とか
アルバム「&C」中心。

細かい所、まだまだおもしろいトークあったんだよなぁ。
本当にいっぱい笑った。
今回、残念ながら参加するコトのできなかったファンの方に
イベントの様子が少しでも伝われば幸いです。

Chageさんの人柄と歌のうまさ、トークの巧みさに
大満足です。笑顔になれました。

この時期に
Chageさんをはじめ、キーボードの力石理恵さん、
スタッフの方、同じファンのみなさんと共に
時間を共有できて本当によかったです。

Chageさんがどんだけファンの事を
大切に思っているかを知る事ができました。

今回、このイベントチケットを譲っていただいた
ツイッターのフォロワーさまに
改めて心より感謝申し上げマス。
貴重な体験をさせていただきました。
本当にありがとうございます。

Special Thanks to My follower.

このファンミーティングのライブ音源、
好評配信中。

posted by まんぼ at 13:00| ライブレポ:Chage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

Chageの坂道“渋茶会”レポ 2010.4.4

過去にココログにて公開していたものを
再編集したライブレポです。
ちょこちょこと追記もはさんでおります。

セットリストはこちら

場内暗くなりステージに
チャコさん、渡辺等さん、吉川忠英さん、スタンバイ。

1階席客席後方より太鼓を叩きながら
Chageさん登場。
客席通路をゆっくり歩きながらステージへ。

Chageさん衣装はラフな感じのアウター、ジーンズ、中折れ帽。

メンバー全員の太鼓のリズムで幕開け。
『東京Doll』
『機嫌が悪いの』
ブルージーに。アレンジがとにかくカッコイイ。

『機嫌が悪いの』
では「ちゅーちゅーちゅーえい」
って歌ってたり「機嫌がわるかとよ」
と博多弁だったり遊び心も満載。

MC。
郵便番号150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目29番5号
渋谷プライム6F
SHIBUYA ENTERTAINMENT THEATER
PLEASURE PLEASURE
半蔵門線直結徒歩0分
とフルで会場名をご紹介(笑)

ことあるごとに、
この長い名称で会場を紹介してマシタ。
結構、スラスラっとChageさん言えてたので
流石はラジオのパーソナリティ歴が長いだけの
コトはあると感心。
でも、変なトコでMC噛んでた。
それもまたChageさんなり。
(2020年追記:この頃からすでに噛んでたんかいっ)

会場となったプレジャープレジャーが
以前、映画館だったということで
今日は3D映画「シバター」だと思って!
なんてChageさん、言ってマシタ。
(2020年追記:映画「アバター」が2009年12月に公開され
 ヒットしていた頃です)

映画館だったなごりでシートの座り心地が
良いという話題から
Chage「椅子の座り心地はいいですか?」
お客さん「いいーす!」
なんてやったり(笑)

Chage
「パイプ椅子だったり、
 時にはオールスタンディングで
 椅子がなかったりして、どうもすみません!」

意識調査と称して
お客さんに「何線で来た?」調査も。
Chageさんが渋谷に乗り入れている路線名を言って
お客さんは拍手で応える形式で。
JRが多かったかな。

とりあえず客席の緊張を和らげるChageさん流の
コミュニケーション手法。
たしかに客席の雰囲気がなごむ。

今回のライブのテーマのひとつが「東京」
というコトで色んな歌手の「東京」にちなんだ歌を
たくさん披露。

Chageさんのボーカルでアノ曲、コノ曲が
聴ける日が来ようとは。夢のような時間でした。

『東京』『なごり雪』情感たっぷりに。

『東京』(マイ・ペース)は中学時代、
Chageさんが団地の部屋のすみで
一生懸命ギターを練習しながら歌っていたと思い出話も。

『なごり雪』(イルカ、伊勢正三)
レコードリリース当時、イルカさんのレコーディングでは、
なんと忠英さんがギターを弾いてたというご縁が。

『なごり雪』の歌詞を今風に言うと
「東京で見る雪はこれが最後なう」だね
とツイッターネタをChageさん披露するも
会場の反応が薄っ...(苦笑)
(2020年追記:Chageさん、2010年3月にツイッターを
 はじめたばかりでした)

反応のしようがないと言えばないんだけどね。

『トウキョータワー』前だったか後だったかのMCで
『スカイツリー』って歌を何年か後に歌ってるかも(笑)
そんな時は叱ってねとChageさん(笑)

『トウキョータワー』はMany Happy Returns ver.
イイ曲だわ、しみる。

言い訳たっぷり「東の京都で東京都」なんて
こじつけながら京都にちなんだ『紫野 '09』
生で聴けて光栄です。ほんとにイイ曲なんです!!

服部克久
服部克久 Sumi Jo Chage 佐藤竹善 さだまさし 夏川りみ
ユニバーサル シグマ (2009-11-11)

『紫野 '09』
天井に桜の花びらのような照明が映し出されて
すっごくキレイでした。
目を閉じれば京都の吉野の満開の桜が目に浮かぶような
とっても心地良いChageさんの歌声。

Chage「燃えて散るのが」
お客さん「花!」
とかChageさんとの掛け合いも息がぴったりで
楽しかった〜。
「花」のイントネーションが妙だとかChageさんに
突っ込まれたり。

ライブ会場が道玄坂にあるというコトで
今度は坂にちなんだ曲コーナー。

『長いのぼり坂』(長渕剛)
長渕さんっぽいテイストを出しつつ
Chageさん曲になってた、あら不思議。
歌詞がいいね。

MCでは長渕さんのコトを直系の先輩と
話してマシタ。
ASKAさん運転でChageさん、長渕さんで
ドライブした仲という話は以前、ラジオで聞いたことが。

『白いページの中に』(柴田まゆみ)
歌詞がホントに素敵で情景が浮かんできました。
えぇ曲や。

『夢のほとり』
あ、言われてみれば歌詞に坂が出てきマスね。
不思議な感覚になる、なんとも言えない温かさを
感じる曲。
イントロ、渡辺等さんのベースの音色が印象的。

『TOKYO』(井上陽水)
出発進行ー!のかけ声で曲が始まりました。
都内の観光地名がたくさん出てくる曲。
歌でちょっとした観光気分♪

『銀座カンカン娘』(高峰秀子)
チャコさんのパーカッションが光ってた曲。
ウキウキしちゃうようなアレンジでした。

『TOKIO』(沢田研二)
Chageさんボーカルでまさかのジュリー!
照明も派手めに。
アレンジがカッコ良かった。
特に間奏のアレンジがヨカッタ。

客席に小さなパラシュート人形いっぱい
Chageさん投げ込んでマシタ。
余ってしまったとかで最終日に大盤振る舞い(笑)

Chageさん曰くその人形を財布の中に
入れておくと どんどんお金がなくなるらすぃ(笑)
イヤン。

歌番組で沢田研二さんがパラシュート背負って
この曲歌ってたのは当時すごく話題になったのよね。

Chageさんの歌っているシルエットが
サイドの壁に映し出される曲が
何曲かあって素敵でした。
Chageシルエットのセクスィさにドキっとした。

以下、MC位置があやふや。

今日のバンド名。
色々と挙げられて「Chageと三千里薬局」
をChageさんは第一候補にしたのですが
客席からの反応はイマイチ。
で、「Chageとこれでいいのだ!バンド」に決定。

※三千里薬局。
JR渋谷駅前スクランブル交差点近くにある
薬局の名前です。

ライブ前半でやった
「今日、何線で来た?」アンケートに続いて
出欠確認もありマシタ。
Chageさんがズラズラっと芸能人の名前を
呼んで勝手にお客さんが返事をするの。

「吉永小百合さん」「和久井映見さん」
「宮崎あおいさん」「長澤まさみさん」

「ブラッド・ピットさん」
「ジョニー・デップさん」
とか絶対、今日、来てないって人の名前を呼んでたし(笑)

※和久井映見さんは昨年の
ASKAさんの昭和が見ていたクリスマス
国際フォーラム公演にいらしてたっぽい。

「長嶋茂雄さん」
って呼ばれて忠英さんの長嶋茂雄のモノマネ。
「ん〜どうでしょう。SECOMしてますか?」
似てるわ。
他にも色んなコネタ&モノマネを
忠英さんしてマシタ。芸達者!

どの辺でのMCだったかなぁ...
吉川忠英さんのおじいちゃんが
ハチ公がいた時代に国鉄渋谷駅の駅長さんだった。
NHKの番組にも出たことがある。
自宅にハチとおじいちゃんが写った写真がある。

Chageさんハリウッド版「ハチ公物語」の
リチャード・ギアの
「HACHI!」のモノマネ何度もやってた。
アレはやりたくなっちゃうよね。

MC。
Chageさんにとって東京は高校の時の修学旅行で
訪れた思い出の場所。
当時、福岡から大阪まで夜行で来て、
そこから新幹線で東京へ。来るまでに大変だったとのこと。

東京では自由行動の時に
地下鉄に初めて乗ったそうで地下鉄に乗って
銀座へ行ってそこで電気屋さんの店頭で
ボクシングの中継をASKAさんや友人達と
見たのを覚えていると話してマシタ。

Chageブログとの連動企画
「あなたにとっての東京」
も読み上げられて会場に投稿者の方も
いらしてたようです。
上京された娘さんを思う親心を綴った心あたたまる
エピソードでした。

Chageさんの渋谷にまつわる話題では
デビュー間もない頃、JR渋谷駅から
スクランブル交差点を渡って
ヤマハの渋谷エピキュラスへ向かって
歩いて行った頃の話をしてマシタ。

渋谷のライブスポットの話も。
渋谷公会堂、NHKホール、SHIBUYA-AX、
そして代々木第一体育館。

そんな流れから代々木第一体育館で
最初に音楽ライブを行ったのはCHAGE and ASKA!
で、ライブ前に必ずアーティストの人は
「行くぞ!」「オー!」ってやる時の
メンバー同士のかけ声で
「俺たちはここにいる。どこにも行きやしない」
ってやるんだよ、とウソついてマシタ(笑)

また、Chageさんにそのセリフを
言っていただけるとは!!
このライブで個人的に歌以外で一番、興奮した部分!

Chageさん、アノ頃の自分を振り返って
「どこへ俺は行こうとしてたんだろう」
「なんであんなコト言ったんだろう」
と自身にツッコンでた(笑)

そんなChageさんの迷言が
聴けるのはこのCD
LIVE IN YOYOGI STADIUM【初回生産限定】(紙ジャケット仕様)
CHAGE and ASKA
ヤマハミュージック
コミュニケーションズ
(2009-09-23)

『two of us』
渋谷・道玄坂と言ったらコレを聴かなきゃ!
情景が浮かぶ。
チャコさんの寄り添うようなコーラスもヨカッタ。
女性の声が入るといいね。

照明、壁面にゼブラ模様。

『今日は…こんなに元気です』
コレも渋谷。
自分的には春を感じる曲なのでこの時期に聴けて
ホントにホントに幸せ( ´∀`)

間奏の「あの頃の僕らは...」の部分、
Chageさんの語りで。
マジメにやってマシタ。やや照れ気味でしたが。
普通にヨカッタですよ。

all by myselfのコーラス部分、Chageさん他
これでいいのだ!バンド全員で。
このコーラスも曲の風景を広げるように効果的でした。

バンドメンバー、Chageさん一旦、袖に引っ込んで
アンコール。
Chageさん、ハチ公っぽい犬の動くぬいぐるみを
持って再登場。
このぬいぐるみがかわいい。
ここでもHACHI〜!を連呼。

チャコさん、等さん、忠英さんを呼び込み。
これでいいのだ!バンドのみなさん。

『Many Happy Returns』
Chageさん、歌う前にチャゲレレを
ポロンポロン弾きながらMCしてたんですが
そのポロンポロンすら素敵な音色で。
ウクレレいいなぁ、欲しくなっちゃう。

ハワイ行きたくなっちゃうね、
なんて言いながらChageさんウクレレを鳴らしてマシタ。

『Many Happy Returns』
楽しくその日限定歌詞がたっぷり。
歌の途中でも「HACHI!」のモノマネ。
歌詞の「鉢」も「HACHI!」に(笑)
Many many HACHI Returns♪になっちゃたし。

「東京の歌、まだあったじゃん!
 今日は特別」
なんて言いながらホントに最終日限定、
もう1曲オマケで『東京ブギウギ』を
歌ってくれマシタ。

こういうサプライズはうれすぃね。
ゆる〜く、楽しくパンチの効いた
『東京ブギウギ』でした。

Chageさん、太鼓叩きながら
「シンキョクデキタ」
とかふざけながら新曲完成を報告。
某相棒さんと違ってちゃんと歌詞が完成されてマシタ(笑)

新曲「まわせ大きな地球儀」
歌詞の
♪頑張ろう 負けるな
ってフレーズが印象的。
押し付けがましくない応援ソングな感じ。

サビのメロディーと歌詞がかなり覚えやすくて
ライブで盛り上がりそうな印象。

早く音源で聴きたいな。
(2020年追記:この渋茶会で『まわせ大きな地球儀』は
 お披露目となりました)

Chageさんの「ありがとー!」の生声。
イイ感じの狭さなのよね。

Chageさん、これでいいのだ!バンドのみなさん
手をつないで一礼。
それにスタンディングオベーションと拍手で
応える客席。

Chageさん、これでいいのだ!バンドのみなさん
手を振りながらステージをあとに。

客席の雰囲気も良いライブでした。

「TOKIOでなんでパラシュートか
 わからない人は家帰ってグーグルで調べて」
なんてMCの合間に
パラシュート人形をキャッチできた人が
「ありがとー」って言う声さえも
2階席に届いて、それにChageさんが
「どういたしまして」って応えてたり。

ほのぼのしちゃうライブでした。
まだ、心地良い余韻残ってマス。
行った人だけが味わえる極上の時間でした。

改めて、Chageさん、吉川忠英さん、
渡辺等さん、根本久子さん、スタッフのみなさま
お疲れ様でした。
ありがとうございマシタ。

行く春や 鳥啼き魚の眼は泪
        松尾 芭蕉

と くるならば

行く春や Chageが歌えば皆笑顔 by まんぼ

おあとがよろしいようで...よぉ〜ポンっ!

posted by まんぼ at 00:00| ライブレポ:Chage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

ポピュラーウィーク 2009 CHAGEレポ 2009.2.4 東京文化会館 小ホール

セットリストはこちら

CHAGEさんの衣装は
世界のナベアツっぽいグレーの上下で
襟あたりがキラキラしてた。
ハンティングは黄色。
靴はブラウン系のゴツめなものでした。

オープニング。
ポピュラーウィーク 2009のプロデューサー
大友直人氏のあいさつよりスタート。
東京文化会館での今日のライブを楽しんで下さい
的なお話。

想像以上に小柄な方で驚きました。
スタイリッシュな大人の男性という印象。

大友氏が退場されたのちサポートメンバー、
CHAGEさんがステージの登場。
CHAGEさん、ステージ左右、中央でお辞儀。
イスに着席。
忠英さんがギターチューニングする音が
聴こえてくる。ライブ感あふれる雰囲気。

登場早々に楽しそうなCHAGEさんの姿を見て
なんだかホっとする。でも涙は出ない。

今回のライブ各楽曲、シンプルアレンジが基本。
照明もシンプル。

サポートメンバーは
ギター吉川忠英氏、ベース渡辺等氏、
今年、新たに加わったパーカッション根本久子氏

CHAGEさん、それぞれ
「忠英さん」「等くん」「ちゃこさん」
とライブ中呼ばれてマシタ。

忠英さんさんが とってもダンディでした。

東京文化会館 小ホール。
噂通りに音響がすばらしい。
PAを通してもストレートに原音が生音が
聴こえてくるような印象。

CHAGEさんの斜め前には譜面台。

1曲目「遠い街から」MULTI MAXの楽曲。
アコースティックギターでやわらかな印象。
CHAGEさんのボーカルはやさしく。
CHAGEさん、多分、吉川忠英さんモデルの
ヤマハのギターを使用。

2曲目。
パーカッションのリズムが印象的な
「一杯のコーヒーから」

「コーヒー」のイントネーションが
関西なまりというか特徴的な服部良一氏作曲の
楽曲。

モダンジャズにポップス風味が加わったような
おしゃれなアレンジ。
CHAGEさん、自身の太ももを叩いてリズムを
取りながら歌ってマシタ。
個人的にとっても好きなアレンジ。
また聴きたい!

MC。
「いらっしゃい!」(板前さん風)
去年もCHAGEさんが言っていたらすぃ。
「JR上野駅公園口から徒歩1分東京文化会館」
のフレーズを今年も何度も何度も言ってマシタ(笑)

早々に今回のサポートメンバー紹介。
去年のバンド名のお話など。
去年、忠英さんが60、俺が50、等くんが47で
忠英さんとふたりの時は50、60喜んでで。
等くんが入ったら下の数字をとって007。
今年はどーする?どーしよ?
今年は118。
電話案内にもないちゅーとはんぱなネーミングに
なりそう。
今年、加わった根本久子さんを紹介。
このメンバーで現在、レコーディング中とのこと。
ってな流れからまたブログ始める予定なので
それまでにバンド名を考えといて!
とお客さんにお願い。

曲名紹介。
2曲目。「一杯のコーヒーから」
昭和14年の曲と紹介。
黙ってれば新曲と思われたかな。と。

今年もシェフのオススメ選曲で。

春を感じる曲をから「花暦」
ベースラインが気持ちよい。
忠英さんのギターを弾く手元見てた。
照明はコーラルピンク系。

「嘘」
聴きたかった曲、キタ━(゚∀゚)━ !!!!!
えぇ曲や。

「告白」
これまた聴きたかった曲、キタキタ━(゚∀゚)━ !!!!!
ベースが心地よく響く。

MC。
「花暦」「嘘」「告白」3曲、お届けしました。
去年もこのメニューでしたがお口に合いましたか?
(拍手)
次に歌う曲についての説明。
新しい歌が生まれても古い歌が消えることはない。
歌は上書きされない。
いい楽曲は人の心に残ってく。
今から歌うのはそんな歌です。

この歌をうたっていた方は
去年、残念ながら星になってしまいました。
ポプコンの先輩の曲です。
いい歌をみんなに伝えたいと思ってます。
この歌を児雷也のノブさんにささげます。

「他愛のない僕の唄だけど」
フォークのにおいのする曲。
歌詞がとても素敵。
間奏に口笛。口笛は忠英さん。

「涙そうそう」
忠英さんのギターの音があったかい。

ハワイ語バージョンはCHAGE博で
耳にしたけど日本語バージョンも良いね。

MC。
「JR上野駅公園口徒歩1分東京文化会館。
 CHAGEの歌い初めだよ。ひゅーひゅー」
ってCHAGEさんが言うとさすがは飼いならされた
私たち言ってしまうんですね。
「ひゅーひゅー」を(笑)
しかもこのホール。
「ひゅーひゅー」までもがキレイに響く(笑)

「ここは(ひゅーひゅー)合わない!
 ここは秘密基地には恐れ多い!」
とCHAGEさん。

コチャゲくん話コーナー。

「CHAGEと書いてメロメロって読んで!」
だそーです(笑)
もう、かわいくってかわいくって仕方ないご様子。

メロメロであって、
エロエロじゃないからねと念押し。

一家の主(あるじ)となったCHAGEさん。
家族のことを思って恵方巻きを食べるのに挑戦。

吉方がわからなかったので
コチャゲくんが向いてる方向が吉方と思い
コチャゲくんを見たらなんとうつ伏せ寝(笑)

下向いて太巻き食べてたら今度はエビそりになって
上を向きだしたからもうアッチコッチ向いて
大変でした。

おくるみを海苔みたくして
コチャゲにかぶりつきたい!
そんな心境。
わっかるかな〜
わっかんねーだろーなぁ。イェーイ!
(スウィングなフリつき)

俺が上野だった頃、お前は北千住だった(笑)

-----
ま、まさか、CHAGEさんの
松鶴家千とせ師匠ネタが
見れるとは!!笑った。
しかも、北千住。マニアック!
北は北千住から南は南千住まで大盛り上がりですね←
-----

節分豆。
俺は51コ食べられるけどコチャゲは0。
と赤ちゃん相手に勝ち誇ってました(笑)

うれしそうに楽しそうにパパの顔になって話を
してましたヨ。

2020年追記:
↑のMCパートはニコニコ顔のChageさんでしたね。
映像残ってないのかしらね。

コチャゲくん話でお客さんの緊張を
ほぐしたところで
ちょっとマジメに自身に家族が増えたことで
「人とのつながり」についてCHAGEさん語ってマシタ。

『マシュマロ』
忠英さん、等さん、チャコさんのコーラス付き。
ほんっと歌詞がかわいい歌だ( ´∀`)

『レノンのミスキャスト』
重めのベースが響く。
この辺の重ためな曲、ライブでもっと聴きたいかも。

『飾りじゃないのよ涙は』
意外な選曲。
CHAGEさんの男性とも女性とも異なる
独自の音域、キー、声質を時々、感じる。
艶っぽさを感じる。

曲エンディングのパーカッションが
かっこよかった。
照明は赤とグリーン系。

MC。
「2009年2月JR上野駅公園口徒歩1分
 題しておまえさんたら!
 いきなり飾りじゃないのよ涙は歌うから
 驚いちまったじゃないかよぉ。
 これだから、おちおち眠れやしないよ。
 罪な男だよのライブ楽しんでますか?」

テレビドラマ「細うで繁盛記」のイジワル役正子の
ような言い回しでした(笑)

この後、チャゲアス活動休止に関するコメント。

今日のライブ。
雰囲気はいつもと同じで
あたたかいライブですが
お客さんの心のすみでは
CHAGEさぁ...CHAGEちゃんさぁ...
なんか言いたいことあるんじゃないの?
言わなきゃいけないことがあるんじゃないの?
って空気が少しありましたね(笑)
認めます!
サッカーでいうなればホームなのに
プチアウェイ状態(笑)
そういうの敏感な男ですから。

改めて本人の口から報告させて
いただきます。
つい先日、僕らCHAGE and ASKA。
活動停止をさせていただきました。
(正確には活動休止の言い間違いとのこと。
 小川もこさんブログ「言いまつがい」参照のコト)

この決断はCHAGE and ASKAの原点である
ふたりだけで決めさせていただきました。
スタッフもファンの方もいなくて
俺とASKAだけで。

自分たちの会報で先に
お伝えしたかったんですが
どういうワケか上辺だけの情報が
流れて、それがブワーっと広がって。

俺たちは当事者なので何言われても
いいんですけど
僕らの事を純粋に応援してくれている
ファンに対して俺たちが守りきれなかったなぁ。
そういうのが申し訳ないなっていうのが
あって。

夕暮れの公園のブランコにこうやって
(CHAGEさんぶらぶら前後に揺れてマス(笑))
ここに俺とASKAがいるわけですけど(笑)
めちゃくちゃ言わないでよね、ぶつぶつって。

30年目にして新たな決断を僕らは
くだしました。
CHAGE and ASKAをやり続けることよりも
厳しい事を選んだかもしれない。
でも、そうしなきゃいけないってふたりで。

もう、それは今日、ここ、上野の舞台で
はじまってるんです。
奴はいま一生懸命、レコーディング。

自分がCHAGEがやらなきゃいけないもの。
CHAGEしかできないもの。
そういうのを追求していこうかなと
思ってます。

よろしくお願いいたします。

CHAGEはラクしたがるので
そんな時はうしろの方で
「ん〜ゴホン、ゴホン!」
ってお客さんが咳払いしてください。

咳払いされないよう私、CHAGE
がんばっていきたいと思います(笑)

これからもCHAGE and ASKAの
CHAGEとASKAをよろしくお願いします!

このMCののち会場のみなさん、
ひときわ大きな拍手をCHAGEさんに送っていました。

文字で伝わるかな〜。
伝わってほしいな〜。

活字よりも直接、会ってCHAGEさん、ファン、
お互い表情を見ながら話をする、聞くことって
伝わるパワーがものすごく増すなと実感した夜。

『トウキョータワー』
そのMCのあとだけに会場からすすり泣きも。
ギターメインのアコースティックアレンジ。
忠英さんたちがコーラスしてたような...

『NとLの野球帽』
alive in liveのような3連リズムアレンジ。
このアレンジ好きです。
個人的にこの曲でまたまた涙。
なんだろなぁ、なんでだろうなぁ。

「ありがと!」
本編終了。
メンバー、CHAGEさん、軽くあいさつ後、
一旦、袖へ。
CHAGEさんあいさつの時に「待っててネ!」
とマイクを通さず客席に言った生声、聞けた。
うれすぃ。

再びメンバー、CHAGEさん登場。
もう一度、メンバー紹介後、イスに着席。

MC。
現在、レコーディング中。
このメンバーでずっとレコーディングしてて
ずっと一緒なのでマグロでも取りに行こうかと
CHAGEさん(笑)

バンド名募集するのでニヤリとするような
ネーミングを考えておくようにと宿題。

『星に願いを』
昨年、札幌でのCHAGEソロアコースティックライブで
披露されたディズニーアニメ「ピノキオ」で
おなじみのこの曲。
聴けてヨカッタ。

アコギとウッドベース、ウィンドチャイムの
イントロが素敵。

『終章』
ギターでしっとりと聴かせマス。

MC。
ハプニングというか、なんというか...
ローディー(ギターとか持って来てくれるスタッフ)くんに
CHAGEさんが座ってたイスを
いきなり片付けられマス(笑)
なんの前触れもなくコントのような
絶妙のタイミングで。

CHAGEさん、きょとん( ゚Д゚)?
「なにがなんだかわかんない(笑)」

イスを片付けられてしまったので立ちトーク。
打ち合わせになかったのか、この状況、笑ったわ。

終盤なのでまとめトーク。
「2年続けてこの舞台に立ててホントに
 幸せです。どうもありがとう」

すっごい長ったらしい今日のライブタイトルを
CHAGEさん言ってたけど忘れた。
JR上野駅公園口徒歩1分東京文化会館。
までしか覚えてない(爆)

アコースティックサウンドのアルバムを
現在作成中で3月25日にはお届けできると
アルバム告知。
草月ホール10日間ライブの告知。
おもてなししますので遊びに来て下さいとのこと。

ここでサービスでサングラスとって
ラスト曲『waltz』

やさしく、それでいて力強く歌う
CHAGEさんの姿が印象的。

「♪見渡す限りの愛がある」
で会場全体をしっかりと見つめてたCHAGEさんの
姿がホントにヨカッタ。

「ありがとー!」
CHAGEさんお辞儀。
バンドメンバーの名前を呼んでお見送り。
CHAGEさん、ステージ左右中央で深々とお辞儀。
最前列の背の高いお兄さんとCHAGEさん
ハイタッチ。うらやますぃ。
CHAGEさん、笑顔で手をふりながらステージをあとに。

-----

良いライブでした。
ステージの、客席のぬくもりを感じる。
そういう意味でも良いライブでした。

何物にも代え難い時間を過ごせたように思いマス。

つたないレポ、
最後まで読んで下さりありがとうございマシタ。

2020年追記:
2014年以降に色々ありすぎて忘れているかと思いますが(苦笑)
2009年1月9日にCHAGE and ASKA無期限活動休止という
報道がありましてですね。
そんなこんななMCがあったワケです。

当時のORICON NEWSの記事、まだ読めマス。

posted by まんぼ at 00:00| ライブレポ:Chage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする